TOP » 初めてで不安がいっぱい! ホットヨガを始める前に知りたい!Q&A » ホットヨガの水分補給には「水素水」がおすすめ

ホットヨガの水分補給には「水素水」がおすすめ

ホットヨガは水分補給が大切

ホットヨガのスタジオは、室温が30~40度前後、湿度は55~65%と蒸し暑い環境なのが特徴です。身体がポカポカと温かく感じてじんわりと汗をかくので、がんばりすぎてしまうと脱水症状を起こしてしまうかも。ホットヨガでかく汗の量は、1時間で1リットル以上とかなり多いです。

汗には水分だけでなく「ナトリウム」が含まれているので、血流が悪くて酸素が運ばれない状態になってしまいます。ホットヨガでは水分補給がとても大切です。詳しくは「ホットヨガの時は水じゃなきゃダメなの?」のページで解説していますのでぜひご覧ください。


ホットヨガの時は水じゃなきゃダメなの?

ホットヨガと水素水の関係

ホットヨガスタジオで水素水を水分補給にすすめているのをよく見かけますが、どうしてなのでしょうか。ホットヨガには美肌を求めて通っている女性も多くいます。女性にとって気になるお肌の老化は、活性酸素がバリア機能に影響することが原因の1つです。

水素水には抗酸化作用があって活性酸素を取り除くのに効果的なので、アンチエイジングに役立つと考えられています。また、ホットヨガはインナーマッスルを使うので筋肉痛になることがありますよね。筋肉痛は筋肉が炎症を起こしている状態なので、活性酸素がたくさん発生しています。水素水で活性酸素を取り除くことは、筋肉痛を早く解消するのにも効果的です。

水素水にはどんな効果があるの?

水素水は、水に水素が溶け込んだもので、身体の中の活性酸素を除去する機能がある水のことをいいます。水素水に期待されるのは抗酸化作用による効果です。ビタミンCの研究では、水素水を飲むことで、ビタミンC不足で起こる脳の活性酸素増加を抑える効果があると報告されています。(※1)

水素水がブームとなったことでいろいろな市販品が出ていますが、濃度がとても低いものが販売されているかもしれません。水素健康協会によると、0.08ppmの水素濃度を満たしていたら「水素水」と表示しても良いことになっています。水素水は一定レベルの濃度があった方が効果を期待できそうですね。(※2)

水素水の選び方

国民生活センターが調べたところでは、「健康を保ち続ける効果がある」という意味が書かれた水素水が発見されています。こういう水素水は、健康増進法や景品表示法、医療品医療機器等法といった法律に違反しているかもしれません。(※3)

例えば、ダイエット効果があるように広告していた水素水は、景品表示法という法律の「優良誤認」に当たるとして、消費者庁から措置命令が出たケースも。水素水ならどれでもOKというわけではなく、選び方には気をつけた方が良さそうですね。水素水は1ppmくらいまでの濃度のものに効果の違いが出ると考えられています。

数字が大きすぎる必要もないので、1ppm以上ある水素水を選ぶ目安にしましょう。また、「酸化還元電位(ORP)」という数字も目安にできます。活性酸素やイオンが含まれるとマイナスの数値が大きくなっていくので、-100mV以下の水素水を選ぶのがポイントです。

水素水サーバーがあるヨガスタジオ

ホットヨガスタジオでは、水素水サーバーを設置しているスタジオも増えてきました。専用ボトルも販売していて、月額飲み放題のサービスをしているところもあります。毎回飲み物を持っていくのは意外と大変ですよね。

空のボトルを持っていくだけなので、手軽さが好評で人気を集めています。美肌作りのためにも、ホットヨガを行うときにはたっぷり水素水を補給しましょう。

【参考】

東京の
ヨガスタジオおすすめ3選


週2回手ぶらでホットヨガスタジオに通った場合で比べてみました!

通いたい回数で選べる!少人数制の女性専用スタジオ

ラビエ-lubie-

ラビエHP画像

月額2,000円

学生ならココ!イベント満載!学割でお得に通う

ラバ-LAVA-

ラバ-LAVAHP画像

月額2,870円

予約ナシ!気分で通える!最大80名収容男女共有スタジオ

カルド-CALDO-

カルド-CALDO-HP画像

月額2,980円