TOP » ホットヨガをおしゃれに楽しみたい » 初心者さんの為の 失敗しないヨガマットの選び方 » どんな素材を選べばいいの?

どんな素材を選べばいいの?

ヨガを積極的に行うために大切なアイテムであるヨガマットの素材について、特徴や選び方を紹介します。集中して行うためには欠かせないアイテムですので、よく読んで最適なマットを選びましょう。

ヨガマットの素材と特徴

ヨガマットにはいろいろな素材が使われていて、それぞれにメリットデメリットがあります。ヨガマットは、素材によって ・におい ・グリップ性 ・耐久性 ・重量感 などが違います。それぞれの素材が持っている特性をよく知っておけば、購入の際に迷うことなく決めることができますよ。また、素材の中には、ホットヨガには向かないものもありますので、気を付けて選びたいもの。 では、素材別に特徴を見ていきましょう。

PVC(ポリ塩化ビニル)

TPE(熱可塑性エストライマー)

EVA(エチレン酢酸ビニールポリマー)

天然ゴム

目的や条件に合わせて このように、マットの素材にはいろいろな特性があります。 それぞれにメリットとデメリットがありますので、使用する条件や目的に合ったものを選ぶのがポイントです。 中には、TPEのようにホットヨガには向かないものもありますので、購入の際には注意しましょう。 またホールド性も重要なポイントと言われています。 価格や自分のレベルなども合わせて、最適なものを選ぶための参考にしてくださいね。

ヨガマットを選ぶ時にチェックしたいポイント

 どの厚さがおすすめ?

どのサイズを選べばいいの?

東京の
ヨガスタジオおすすめ3選


週2回手ぶらでホットヨガスタジオに通った場合で比べてみました!

通いたい回数で選べる!少人数制の女性専用スタジオ

ラビエ-lubie-

ラビエHP画像

月額2,000円

学生ならココ!イベント満載!学割でお得に通う

ラバ-LAVA-

ラバ-LAVAHP画像

月額2,870円

予約ナシ!気分で通える!最大80名収容男女共有スタジオ

カルド-CALDO-

カルド-CALDO-HP画像

月額2,980円