TOP » 初心者さんでもわかる「ヨガの世界」 » ヨガとピラティスどこが違うの?

ヨガとピラティスどこが違うの?

ピラティスってどんなもの?


ヨガでは瞑想することが重要視されていますが、ピラティスでは筋肉を重視して行うところに大きな違いがあります。ピラティスは筋肉の奥深くにあるインナーマッスルに働きかけて、体幹を強くする方法です。

ヨガのように心にアプローチした動きもありますが、筋肉を鍛えるストレッチやトレーニングが中心となります。しなやかな筋肉を作り上げてシェイプアップしたい人向きです。

ピラティスの意味


ヨガは4000年以上前のインドの教義が元になり伝わってきました。筋肉をほぐしていろいろな姿勢を取り、集中して心をきたえるものです。心の安定やリラクゼーションを重視していて、精神的な治療にも活用されています。ピラティスはトレーニング方法として始まったものです。

リハビリのメニューとして考案されたもので、ピラティスメソッドと呼ばれています。狭い場所でもできるので、体幹をきたえて体の機能に働きかけるのに有効です。

ピラティスのやり方


ヨガとピラティスの大きな違いはやり方にあります。ヨガでは最初に合掌して目を閉じるなど瞑想をするのが基本です。自分に問いかけてみる見直したり自然に感謝したりすることで心と向き合います。

腹式呼吸をベースに副交感神経を有利な状態にして、筋肉や血流を整えていくのがヨガの方法です。ピラティスは胸式呼吸がベースとなるため交感神経が有利な状態になります。ヨガよりも運動強度が高く、体の筋肉をきたえるためウエイトトレーニングの要素が入るのがピラティスの方法です。

ピラティスのメリット


ピラティスもヨガと同様に、姿勢が改善されたりダイエットになったりするメリットがあります。

汗をかくことで美肌になる効果も。また、ストレス解消にもなるのも大きなメリットです。ヨガはリラックスすることでストレス解消になりますが、ピラティスでは自律神経を刺激することでストレス解消になります。

ヨガが心を落ち着かせて安定するものに対して、ピラティスはポジティブで前向きな開放感を引き出すイメージです。

ピラティスのデメリット


ピラティスはヨガよりも運動強度が高いため、動きが難しいのがデメリットといえます。エクササイズの要素が強いので、慣れるまではトレーニングが必要です。筋トレとは異なるので、短期間で効果を求める人には向いていません。

あくまでも、筋力と柔軟性をきたえてしなやかな体を作ることを目的としています。

ヨガとホットヨガの違い


ヨガはスタジオだけでなく、自宅や屋外でもできますがもっと汗をかきたいということも。大量の汗を流すヨガとして人気なのがホットヨガです。室温38度・湿度60%前後という室内環境のヨガで、ホットスタジオを利用して行われています。

たくさん汗をかくことで新陳代謝が上がり、美肌にも効果的といわれています。ヨガの中でも比較的軽いプログラムなので、初心者でも参加しやすいのがメリットです。

東京の
ヨガスタジオおすすめ3選


週2回手ぶらでホットヨガスタジオに通った場合で比べてみました!

通いたい回数で選べる!少人数制の女性専用スタジオ

ラビエ-lubie-

ラビエHP画像

月額2,000円

学生ならココ!イベント満載!学割でお得に通う

ラバ-LAVA-

ラバ-LAVAHP画像

月額2,870円

予約ナシ!気分で通える!最大80名収容男女共有スタジオ

カルド-CALDO-

カルド-CALDO-HP画像

月額2,980円